記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴室(お風呂)の防カビ対策の効果検証

浴室は毎日掃除をしても、カビが生えやすい環境です。
カビ対策の掃除は、カビが発生(繁殖)しにくくなるポイントを意識してやらないと効果がありません。

2ヶ月前の梅雨時期に、浴室(お風呂)の防カビ対策を指導する機会があり、指導してきました。

まずは、浴室全体のカビ取りからスタートです。
重曹、市販のカビ取り剤を使い、カビ取り剤が使えない場所(ドア周りなど)に電解アルカリ水、アルカリで落ちない汚れに(アルカリ性の汚れ)は、クエン酸(酸性)で完璧に処理しました。

続いて、日々の防カビ対策として、下記の実践をお勧めしました。

●家族全員がお風呂から上がった後に毎日実践する方法(約5分)
1、浴槽を軽くスポンジで洗う。
2、浴槽と浴室の壁全体にお湯か水を10秒ほどかけ、皮脂や石鹸カス、汚れを洗い流す。
3、スクイージーを使い、水気を取る。
4、タオルで、スクイージーが使いづらい場所の水気を拭き取る。(2〜3回絞ることになります)
  (特に、スイッチ類、洗面器や椅子の上、小物の下、カーブになっている壁など)
5、浴室のドアの隙間(水気が残りやすい場所です)
6、換気扇を回す

2ヶ月後に、カビや酵母(ピンクのヌメヌメ)などが発生していないか確認したところ、毎年梅雨の時期から夏にかけてカビが発生しているのに、全くカビが生えていないとのことでした。
毎日浴室でニオっていた変な臭いもなくなり、子供もお風呂で嫌な臭いがないと言っているとの報告です。

ポイントは、カビの発生しにくい環境を維持すること。
それは、栄養となる汚れを洗い流し、水分をとり、換気をすることです。

やはり、一番効果的なのは、浴室の水気を取るタオルフキです! 

[浴室のカビ退治」はこちら

「スクイージー」についてはこちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川在住健康マニア

Author:神奈川在住健康マニア
アラフォーのベンチャー企業経営者です。
体が資本のため、健康には人一倍気を使って、運動・食事・健康グッズ等をやっています。
職業柄、健康や美容関連事業の経営者にお会いし、話題の商品や未発売健康グッズの説明を受けたり、専門家に健康理論等をお聞きすることが多いです。
ブログを見ていただいた方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最新コメント

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。